新卒入社 専門・技術

重機を運転することの面白さ

建材部

S・T

長岡工業高等学校 卒/ 2014年入社

仕事内容を教えてください

私は中越興業の志望動機として、「重機に乗りたい」ということがありました。 そういったこともあり、入社時から現在まで工事現場やプラントでの重機の運転が主な仕事内容になっています。 仕事の流れとしては基本的に、朝礼で各自作業箇所の作業内容を確認し、重機で作業を行い、 1日の終わりに事務所に戻り作業日報などを記入する、といった流れです。 作業には工期が決まっているのですが、 現場代理人になった時は工期からその日の作業内容を割り出す作業を行なったりもします。 また、時には重機から降りて細かい箇所に対してスコップを使って作業することや、トラックの運転などがあります。 そして冬の時期には、除雪機の運転も行います。

仕事のやりがい、楽しさはなんですか

何もないところから、作業をすることで少しずつカタチになっていき、 全工程が終了した時にはしっかりとしたモノができていることに、 おもしろさ・やりがい・達成感を感じます。 また、重機の運転にも面白さを感じます。 しかし面白さだけではなく、重機での仕上げ作業等がなかなか上手にできないと、 難しさや大変さを感じることもあります。 ですが、そういった作業を経て最終的にきれいになった時は、より一層達成感を感じますね。

印象に残っている出来事を教えてください

初めて職長をした現場です。 初めてということもあり、わからないことばかりでたくさん悩みました。 なので、わからないことは同じ現場の上司や先輩方にすぐに聞き、 わかっているふりをしたまま作業をしないように心がけていました。 現場の過程では、大雨に悩まされたり、トラブルがあったり、 作業を焦ってしまったせいで重機が土砂に埋まり動かせなくなったこともありました。 しかし、最後まで職長としてやりきることが出来、 その時の達成感はとても気持ちが良かったことを覚えています。 いい経験になり、成長を感じました。 これから現場で職長をすることが多くなってくると思うので、 無駄のない段取りや打合せを密に行い、 手戻り作業をしないことを目標に頑張っていきたいと思います。

他の社員を見る