株式会社 鈴木コーヒー

更新日 2020年08月25日

株式会社 鈴木コーヒー
近年、消費者の価値観やニーズは変化・多様化し続けています。コーヒーもまた、コンビニコーヒー、サードウェーブ(第三のコーヒームーブメント)をはじめとし、様々なシーンで注目を集めています。なぜ、今、コーヒーなのか。想像してみてください。朝の目覚めの一杯、カフェで恋人と共に過ごす時間、そして仕事の合間のほっと一息。そんな「コーヒーのある場面」には、いつも「リラックス」や「幸せなひととき」が寄り添っていませんか? すなわち、コーヒーはただの「飲みもの」ではなく、皆様のGOOD LIFEに寄与する確かな「存在」なのです。だからこそ、「今の時代に必要不可欠なモノであり、」私たちが本気で活動する意義が備わるのです。株式会社 鈴木コーヒーは創業より50幾年。これからもお客さまと共に、地域を舞台に、「コーヒーを通じた、人々のより豊かなLIFE」を提供してまいります。

PR

カフェ経営の「パートナー」としてお客様の支援を。

PR1画像あらゆるチャネルを駆使し、幅広い商品を提供する私たちですが、一人ひとりの営業が経営視点をもった提案をできることが私たちの何よりの強みです。各営業がカフェオーナー様の夢を理解した上で、損益分岐など経営視点を踏まえたお店づくりやメニュー開発などの企画を提案をします。また、新規開店のご相談も数多く、数百件のコンサルティング実績があります。こうした私たちの介在価値が実を結び、多くの魅力あるカフェ経営者げ増えるほど、自然と私たちの取り引きも拡大し続けており、実際に新潟県内のコーヒー市場において、非常に高いシェアを頂いています。お客様の成功を実現するパートナーであること、これが私たちの経営戦略です。

雪室珈琲

PR2画像雪国に古くから伝わる、天然雪を使った食品保存庫「雪室」。豊かな自然で育まれた食材と、真面目で根気強い越後人の気質から生み出される高い品質は、新潟の誇り。雪室貯蔵で雑味と苦味の角がとれたまろやかな味わいの「雪室珈琲」は当社の大人気商品です。

我が社の魅力

お客様へのコンサルティングに必要な経営者視点を身につけてもらうため、私たちの営業職は全員、自分自身の損益計算書を作成します。これによって評価や給与も変動する、明快な実力主義です。しかし、組織風土は決してドライではなく、社歴の長い方も多く非常に家族的です。カフェ空間のような本社オフィスに、残業を原則なくすための、社長への事前申請システムや、パート・アルバイトの方も含めて有給休暇の付与・利用促進をするなど、様々な取り組みをしています。「従業員満足の先にお客様満足がある」。そんな考え方の下、社員を大事にする社風を育み、全員が個性や創造性を最大限発揮できるよう強力に支援する、組織開発を進めています。

求める人物像

「誰よりもお客様の役に立てる存在になりたい」
「単なる飲料でなく、コーヒーをライフスタイルの一つにしたい」
「もっとイケてる社会、豊かな社会づくりに貢献していきたい」

例えばそんな思いを抱いているあなたと私たちは出会いたいと考えています。
CRAZYにいこう!

経営者からのメッセージ

当社は2017年度より「CRAZY BRANDING」という事業ビジョンを掲げました。「CRAZY」とは一般的にネガティブのイメージを持たれているかと思いますが。「逸脱した」「熱狂する」「夢中になる」「素晴らしい」「すごい」などポジティブな意味合いも含んでいます。営業・プロダクト・サービス・全てのコンテンツにこの要素を散りばめ、お客様と「CRAZY」な関係を築きあげたいと考えています。

動画PR

【長岡花火珈琲物語】見上げる夜空はコーヒーとともに。
復興への想いを届ける日。 地域や歴史に感謝をする日。 はじめて手をつないだ日。 一年に一回は仲間たちと集まる日。 勇気を出して告白した日。 家族の温かさを感じる日。 多くの人々の多くの想いが溢れる日。 「最も大切な一日」。 SUZUKI COFFEEは少しでも想いを馳せてもらいたい。 コーヒーとともに、恒久平和の願いを世界へ。

コーヒーは文化に通ずる。湊町新潟に続く文化と共に。
江戸時代、日本海側最大の北前船の港として栄えた湊町新潟。そして訪れる多くの人をもてなすために生まれた古町芸妓は、いつしか京都・東京と並び日本三大芸妓と称され、およそ200年続く湊町文化となりました。創業以来50幾年新潟の地でコーヒーを基軸として発展してきた鈴木コーヒーは、新潟が誇る、新潟古町芸妓の文化をさらに多くの人々に知っていただき、そして永続的に文化が続いていくことを願っています。ま文化を守るためにも、本製品の売り上げの一部を柳都振興㈱を通じて寄付を行います。

ヒポポタマス!(移動販売車)
“もっと自由に。” 大草原で自由に、誰にも媚びることなく、大切な家族と共にのんびり時を過ごす。 まぬけな風貌とは裏腹に、実は動物界最強ともいわれるカバ。 鈴木コーヒーが新たに届ける、CRAZYなSTAGEは「COFFEE TRUCK」。 最も縦横無尽に。最も自由に。最もふざけて。でも最も妥協しない。 「HIPPOPOTAMUS」がそこに現れれば、平和な「トキ」と「ヒト」が集まる。

企業情報

名称 株式会社 鈴木コーヒー
所在地 〒950-0072
新潟県 新潟市中央区竜が島1丁目4番4号
電話番号 025-249-7400
FAX番号 025-249-7080
代表者 代表取締役社長
佐藤 俊輔
創業 1963年8月
資本金 2000万円
従業員数 全40名 (男性 25名 女性 15名)
業種 卸売・小売業
事業内容 業務用コーヒーの製造販売、業務用食材などの卸売販売、オフィスコーヒー事業、直営店事業などなど
ホームページ https://suzukicoffee.co.jp/

就業情報

2020年08月01日現在

有給休暇取得状況 年平均 10日
育児休業取得情報 男性 事例あり 女性 30%
時間外勤務 月平均16時間
3年後定着率 80%

採用に関する情報

※この情報は移住支援金対象求人情報ではありませんので、ご注意ください。

採用に関する連絡先

電話番号 025-249-7400